忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/18 15:34 |
お・し・り・の話☆


今日は、アジクラスのことを書こうと思ったのですが、まる一日働いた日は、どっと疲れてしまってまともな文章が書けてない気がします。(いつもまともじゃないか...汗)

プラス、遅れをとらないためにも、毎日コナーとの自主トレが欠かせないので、最近はブログの更新が疎らになってきております。ご了承くださいませ。
***

それにしても、アジのトレーニングを始めて以来、今まで知らなかったワンコに関する知識もいろいろ勉強できて、毎回感心させられることばかりです。

最近ずっとやっている「定番訓練」のひとつに、ワンコの「下半身運動」とゆーものがあります。



ほとんどのワンコは、実は自分の胸元から後ろ(つまり自分の下半身)に何が起きているのか、あまり意識していないんだそうです。普段は、肩と前脚に神経を集中させて動いてるらしいのです。

なので、アジリティの重要なトレーニングとして、下半身(後ろ脚)に神経を向けさせる訓練があります。(後退、カニ歩き、横にした梯子の間を歩く、などなど...)

今は写真がないので、具体的なことはいずれ書きたいと思いますが、このトレーニングをしないと、いつも上半身が下半身を引きずっているような格好になって、腰から下の筋力を十分伸ばす事ができないし、スムーズな動きもできないのだそう。

お尻がずり落ち始めてるのに気付かないコナー。(汗)


皆さんのワンちゃんも、前方ばかり気にして、お尻がなおざりになってる時ってありませんか?(笑)

あと、これは本当に関係してるかは知りませんが、自分の「お尻の穴」が、独立した別の生き物だと思っているワンちゃんって結構いますよね??

自分でオナラをしといて、その音にびっくり仰天したり(笑)。

コナーなんて「ブッ」と音がでる度に、「なんだこのやろうっ、ガウガウッ(怒)」ってな具合に、自分の肛門に喧嘩売ったりしてるし...。(滝汗)

(なんだか最近、こんなネタばかり書いてるようで申し訳ないっす)

 

いずれにせよ、下半身が無頓着のままだと、注意がまわらず、怪我も起こしやすいようなのです。

アジをやらなくても心がけたいトレーニングかもしれませんね。
 
短いですが、今日もこの辺で...

おやすみなさい♪
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪ 
PR

2010/04/21 15:36 | TrackBack(0) | アジリティ・トレーニング

トラックバック

トラックバックURL:

<<ダルメシアンに有利なことだってある!? | HOME | ああ、よかった♪>>
忍者ブログ[PR]