忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/19 03:10 |
ご報告☆

1週間見なかっただけで、一段と青く見えたカリフォルニアの空♪
 


皆さん、こんにちは♪

スイスでの治療等、更新すると言っておきながらずるずると遅くなってごめんなさい。

やはり「スイスdeがん治療一人旅」は、本人が自覚していた以上に体力的なストレスがあったようで、未だいつもの3分の1のスピードでしか体と脳が動いておりません..汗。

あ、でも痛み、吐き気等は治まっているのでご安心ください。

なので、今日も簡単なご報告のみです。(すみませーん)

こちら、スイス出発前から準備していたブログの引っ越し先です(↓↓)

http://makotoinsf.blogspot.com/

明日以降はこちらで更新して行きますので、お手数ですがブックマークの変更をお願い致します。

それでは「アチラ」でお会いしましょう♪


今日のコナー、元気でーす
PR

2010/08/03 15:55 | TrackBack(0) | サバイバル日記(10年)
お元気で〜♪
先日お会いして、ブログでもご紹介したMonetちゃんパパ&ママのSご夫妻。

奥様のchicchiさんがその時の写真をブログにアップしてくださいました♪ よろしかったら見て下さいねー。

私の写真より数倍綺麗に写ってます。(笑)

MIX犬のMonetちゃんって本当に信じられないくらい可愛いんですョー。まさに芸術的な組み合わせって感じです(笑)

日本でも長い間犬を飼われているchicchiさんのブログを読んでいると、さすが、日米のペット事情の違いが明確に分かりますねー。長年アメリカに住み付いている私には、へー日本だとそうなんだぁ、と思うような事もあって、大変興味深い事が多かったです。

あと数時間で日本行きの飛行機に乗られるみたいですね。

Have a safe trip home! お元気で、またお会いしましょう♪





2010/07/14 17:44 | TrackBack(0) | サバイバル日記(10年)
軌道修正♪
ブログ開設から2年経って、心機一転! ブログを引っ越そうかなあと考えてます。今のブログサービスも悪くはないのですが、機能と使い勝手がいまいちねぇ...汗。

今、引っ越し先をいろいろ検討中です♪

...と言っても、今はバーゼル行きの準備等でバタバタしているので(仕事も一段落つけて行かないといけないし)、いずれにせよ戻って来てからになりそうです。

ボチボチ過去の記事を整理したりして準備中...なので、普通の更新がしばらく減ると思います。

前回みたいにスイスでも更新しようかな、と思ったのですが、荷物を極力減らすためにラップトップは持って行かないことにしました。

これからしばらくは、ツイッターでぼやき中心になると思います。(笑)

宜しかったらフォローしてくださいねー。(出発は来週です)

それではまたー





2010/07/13 16:36 | TrackBack(0) | サバイバル日記(10年)
GOING THE EXTRA MILE 〜 バーゼルが呼んでいる?!

Basel, Switzerland 2008


皆さん、こんにちは♪

今日(日曜日)はワールドカップのファイナルがあるので頑張って早起きです!...といっても朝の11半スタートなんですけど...汗。(←いつも何時まで寝とるんかいっ、というツッコミはなしで...w)

どちらの味方とゆーわけではないですが、今回は、お空に行ってしまったカルちゃんの分も、スペインの応援をしようと思ってます♪

体調の優れないカルちゃんから、よく「私の分も楽しんでねー」て言われてたもんね。

***

 

こちらは今朝の我が家の外

 
先日ちょっと書きましたが、金曜日にお久しぶりにサイコセラピストのスー先生に会いにいってきました。

もう1年半くらい登場していないので、知らない方もいらっしゃると思うので...スー先生は、2007年の手術直後からお世話になっているサイコセラピスト(精神科医)です。

日本とかだと「精神病患者が掛かる医者」という認識があるかもしれませんが、米国(SFベイエリア?)では日常的にストレスを感じている人などが、結構気軽に相談できるカウンセラーのようなものだと思います。

そして、偶然にもスー先生はバーゼル出身、バーゼルで生まれ育ち、バーゼル大学の医学部を出ています。
 
2年前も、PRRTの治療先(ドイツ、スイス、スェーデン、オランダ)を選んでいた時に、スー先生が里帰り中に直接バーゼル病院に行って問い合わせてくれたお陰て、一番早い治療日を確保できました。

そして1回目の治療の時は、現地で同じくバーゼル大学に通うスー先生の甥っ子さんが、旧市街を案内してくれたり...。

彼女たちだけでなく、病院やホテルで出会ったバーゼルの人たちはとっても親切で温かくて...全く初めての場所だったのに、そんな不安や孤独を全く感じる事なく、安心して治療が受けられたのでした。


 

GOING THE EXTRA MILE 〜 直訳すると「余分な1マイルを行く」ってなりますが、ニュアンス的には「期待されている事以上の事をやること」でしょうか?

つまり、ノルマや建前、体裁等を満たすために最低限の事だけやる人に対して、それ以上の、より一層の努力をする人(もしくは他人のためにしてくれる人)は「GOING THE EXTRA MILE」だと思います。

SFベイエリアに住んでいると、日常的にこーゆー人に出会うのは稀です。(苦笑)

ここの人たちは、至って自分の事だけで精一杯の人が多いです。他人の事にゆっくり構ってる暇なんてないし、あまり考えずに、時間も掛けず何でもさっさと片付けてしまいます。医者にしてみても、患者の事を考えるのはその人と診察室に居る時だけってのはごく普通です。

バカンス中に患者ために時間を作ってくれる医者なんて、スー先生が初めてですよー♪
 
なので、これといって何もストレスを感じない今日この頃ですが、またスー先生に会いたくなって、1年半ぶりくらいに彼女のクリニックを尋ねたのでした。

今回はフォローアップの30分だけでしたが、またバーゼル行きになった事の報告、最近のメンタル面の事など色々話して来ました。

「今回はフランスの○○に住んでるお友達にも会うんですよー」と話したら「とっても、とーっても美しい所よ」と言われました。バーゼルで会うつもりなのですが、何だかフランスまで行きたくなっちゃったなー(笑)




そんなこんなで、またもや「バーゼル行きは運命」と感じている私です。

何度も頭で考えて、理論的な結論を出そうとしても、最後は心で感じる直感みたいな物を信じてしまう、ちょっとオツムの弱い単細胞な私です...(汗)

バーゼルが私を呼んでいるー!?

...出発まで2週間を切りました♪



WCファイナルが始まった! スペイン頑張れ〜♪


***
 
いつも応援ありがとうございます♪  
  
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif
 

2010/07/12 03:56 | TrackBack(0) | サバイバル日記(10年)
素敵な出会い♪

S大美術館(去年9月撮影分)
 


皆さん、こんにちは♪

実はこのブログを始めて、この7月でちょうど2年が経ちます。この2年間で、本当にたくさんの方とお知り合いになれました。

私のブログの超ユニーク?な設定のためか、その出会いの幅も広いです。

同じがん患者さんやその家族の方々、犬飼いさん、ダル飼いさん、アメリカ、カリフォルニア在住の方、その他の海外在住の方、そして多くの場合、このコンビネーションの方々、などなど...笑。

そして今回(昨日)は、初めてSFベイエリアの犬飼いさんとお会いすることができました〜♪




こちら、とーっても可愛い1歳半のMonetちゃん(ミニチュアシュナウザーとプードルのMIX)とそのパパ&ママのSさんご夫妻です。

パパさんは、日本の外科のお医者サマで、なんと私の通っているS大付属病院でポスドク留学中。3年の研究期間を終えて、今月にはもう家族皆で日本に帰ってしまうのです。(せっかく会えたのに残念っ!!)

いつもご夫婦で、私のブログを読んでくださってたそうで、何だか私、自分のドクターの事とか言いたいほーだい書いてたので、ちょっと恥ずかしー。笑

この日は午前中、久しぶりにバーゼル出身のセラピスト、スー先生とのアポがあったので、その後病院の前でSさんご夫婦と待ち合わせをし、それからS大の美術館の外で一緒にお昼を頂きました。
 



おしゃべりに夢中になりすぎて、写真がほとんど撮れなかったのですが、いちおコナーも足下でガシガシBully Stickを齧ってます。(汗)

いつもの調子でコナーがずんずん近づいても、小さなMonetちゃん、怖がるどころか喜んで積極的に挨拶してくれました♪


お昼の後は、皆で近くのドッグランへGO♪


Monetちゃんの隣にいるのが、同じくSご夫婦の愛犬、マルチーズのCharちゃん15歳。

高齢で腎臓に疾患があるので、この日はほとんどママの腕に抱かれたままでした。

Sさんご夫婦には、このCharちゃんの実娘のMyuちゃんもいたのですが、去年腎不全で虹の橋を渡ったそうです。

12歳半だったそうで、ちょうど私がスパーキーを亡くした時と状況がほぼ同じで、スパーキーの記事にも共感して下さったそうです。(←感激)



ちょっと暗く写ってます...汗

ホントに、まともな写真が1枚もなくって悲しー...(涙)



ランでもMonetちゃんは楽しそうに走り回っていましたよー。


シェルターで保護されていて、約1歳の時にSさんご夫婦が里親になった時は、極度の恐がりで外もまともに歩けなかったそうです。人の沢山いるところでも、怖くて「お漏らし」をしていたとか...。

でも昨日はそんな様子は微塵もなく、ランでも陽気で元気いっぱい♪




こんな大きなワンちゃんたちにも積極的に近づいて、お尻くんくん...ワンコ同士の挨拶もきちんと出来てました。

Monetちゃんは、コナーと同じドッグトレーニングスクール(シシリアさんが居る所)にも通っていたそうで、先日ハイスクール(中級オビディエンス)を卒業したそうです。

ママとパパの愛情と努力で、極度の恐がりだったシェルター犬から、幸せな家庭犬への道を歩き始めたんですねー。

Monetちゃん、本当によかったね。




コナーはこの日も相変わらず...汗。同様にやんちゃざかりのゴールデンとプロレスしたり、またまた爆走寸前になったり...、小さめのランで、ちっちゃなワンコもいるのでハラハラしてた母でした。(汗)

でもかわいいMonetちゃんともすっかり仲良しになれて、とっても楽しかった午後のひと時でした。

Sさんご夫婦に大感謝♪ ありがとうございました。

もう直ぐに日本に帰国されてしまいますが、機会があればまたぜひぜひ会いましょうね。


***
 
いつも応援ありがとうございます♪  
  
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif
 

2010/07/10 16:09 | TrackBack(0) | サバイバル日記(10年)

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]