忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/26 21:35 |
素敵な出会い♪

S大美術館(去年9月撮影分)
 


皆さん、こんにちは♪

実はこのブログを始めて、この7月でちょうど2年が経ちます。この2年間で、本当にたくさんの方とお知り合いになれました。

私のブログの超ユニーク?な設定のためか、その出会いの幅も広いです。

同じがん患者さんやその家族の方々、犬飼いさん、ダル飼いさん、アメリカ、カリフォルニア在住の方、その他の海外在住の方、そして多くの場合、このコンビネーションの方々、などなど...笑。

そして今回(昨日)は、初めてSFベイエリアの犬飼いさんとお会いすることができました〜♪




こちら、とーっても可愛い1歳半のMonetちゃん(ミニチュアシュナウザーとプードルのMIX)とそのパパ&ママのSさんご夫妻です。

パパさんは、日本の外科のお医者サマで、なんと私の通っているS大付属病院でポスドク留学中。3年の研究期間を終えて、今月にはもう家族皆で日本に帰ってしまうのです。(せっかく会えたのに残念っ!!)

いつもご夫婦で、私のブログを読んでくださってたそうで、何だか私、自分のドクターの事とか言いたいほーだい書いてたので、ちょっと恥ずかしー。笑

この日は午前中、久しぶりにバーゼル出身のセラピスト、スー先生とのアポがあったので、その後病院の前でSさんご夫婦と待ち合わせをし、それからS大の美術館の外で一緒にお昼を頂きました。
 



おしゃべりに夢中になりすぎて、写真がほとんど撮れなかったのですが、いちおコナーも足下でガシガシBully Stickを齧ってます。(汗)

いつもの調子でコナーがずんずん近づいても、小さなMonetちゃん、怖がるどころか喜んで積極的に挨拶してくれました♪


お昼の後は、皆で近くのドッグランへGO♪


Monetちゃんの隣にいるのが、同じくSご夫婦の愛犬、マルチーズのCharちゃん15歳。

高齢で腎臓に疾患があるので、この日はほとんどママの腕に抱かれたままでした。

Sさんご夫婦には、このCharちゃんの実娘のMyuちゃんもいたのですが、去年腎不全で虹の橋を渡ったそうです。

12歳半だったそうで、ちょうど私がスパーキーを亡くした時と状況がほぼ同じで、スパーキーの記事にも共感して下さったそうです。(←感激)



ちょっと暗く写ってます...汗

ホントに、まともな写真が1枚もなくって悲しー...(涙)



ランでもMonetちゃんは楽しそうに走り回っていましたよー。


シェルターで保護されていて、約1歳の時にSさんご夫婦が里親になった時は、極度の恐がりで外もまともに歩けなかったそうです。人の沢山いるところでも、怖くて「お漏らし」をしていたとか...。

でも昨日はそんな様子は微塵もなく、ランでも陽気で元気いっぱい♪




こんな大きなワンちゃんたちにも積極的に近づいて、お尻くんくん...ワンコ同士の挨拶もきちんと出来てました。

Monetちゃんは、コナーと同じドッグトレーニングスクール(シシリアさんが居る所)にも通っていたそうで、先日ハイスクール(中級オビディエンス)を卒業したそうです。

ママとパパの愛情と努力で、極度の恐がりだったシェルター犬から、幸せな家庭犬への道を歩き始めたんですねー。

Monetちゃん、本当によかったね。




コナーはこの日も相変わらず...汗。同様にやんちゃざかりのゴールデンとプロレスしたり、またまた爆走寸前になったり...、小さめのランで、ちっちゃなワンコもいるのでハラハラしてた母でした。(汗)

でもかわいいMonetちゃんともすっかり仲良しになれて、とっても楽しかった午後のひと時でした。

Sさんご夫婦に大感謝♪ ありがとうございました。

もう直ぐに日本に帰国されてしまいますが、機会があればまたぜひぜひ会いましょうね。


***
 
いつも応援ありがとうございます♪  
  
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif
 
PR

2010/07/10 16:09 | TrackBack(0) | サバイバル日記(10年)

トラックバック

トラックバックURL:

<<GOING THE EXTRA MILE 〜 バーゼルが呼んでいる?! | HOME | 最近さぼり気味なので...>>
忍者ブログ[PR]