忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 11:02 |
Life is too important to be taken seriously...
 
「Life is too important to be taken seriously.」


ちょっと前に、ある本を読んでいて見つけた言葉です。

この数年間で、一番ガツンと心に響きました。  元は、アイルランドの著名な詩人/作家、オスカーワイルドの格言だそうですね。(知らなかった...汗)

「え〜、人生って真剣に考えるものじゃないの?」って普通思いますよね。

でも「人生はあまりにも大切すぎるから、だからそんなに真剣にとるもんじゃない」...なのだそーです。



文才のない私の直訳だと、なんだか月並みで陳腐に聞こえて申し訳ないです。

でも、私なりに意訳的に解釈してみると...


物事がスムーズに行かない時にカリカリしたり、

他人の言動にいちいち腹を立てたり、傷ついたり、

過ぎ去った出来事や、失ってしまった物のためにいつまでも落ち込んだり悲嘆に暮れたり、

すべての事に、あまりにも真剣に、深く考えすぎると、結局は「人生」という素晴らしい貴重な時間を無駄に過ごすことになる、ってことなのかしら。



私がこの言葉を見つけたという本は、もちろん(?)犬に関する本です。この本の内容は、また後日改めて書きたいと思います。

著者は、犬と生活を共にする事は「Life is too important to be taken seriously」だといつも気付かせてくれると言ってます。



後も事も、先の事も全く心配せずに、人生(犬生?)を謳歌しているコナーを見ていると、私もそう思わずにはいられません。

ひゃっほ〜い♪
 

***
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪ 
PR

2010/03/10 15:54 | TrackBack(0) | まことのひとりごと
目的と手段

今日はちょっと早めにオフィスを出ました♪

 

ひとつのことにあまりのめり込んでいると、「手段」と思ってやっていたことが、いつのまにか「目的」に取り代わってしまってることってありますよね。

仕事だと、例えば、効率化をはかって新しいシステムを開発しようとしているうちに、そのシステムを作ること自体が「目的」になってそれに突っ走ったり...。

...って分かりにくい??




私にとって、コナーとトレーニングを積んで、CGCテストを受けるのはあくまでも「手段」です。

「目的」は愛犬と一緒に何かを楽しむ、そしてそれによって絆を深める...ことのはずです。(笑)

だから、そのことを見失わないように、常に再確認しています。




じゃあ「がん治療」はどうでしょう。「目的」それとも「手段」?

私にとっては、がん治療もやっぱり「手段」です。家族や友人と、楽しく幸せで、有意義な人生を共有するための...。

がん治療は「目的」ではない、と考えることで、私は随分精神的にリラックスできます。

一番大事なのは、今、この生きている瞬間をエンジョイできること、でしょうね。

でなきゃ、一体何のためのがん治療??

***

 

 
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪
  

2009/11/06 18:50 | TrackBack(0) | まことのひとりごと
犬の十戒/猫の十戒

 

犬を飼う前に、必ず心に留めておきたい「犬の十戒」...皆さんも聞いた事ありますよね。

同じように、猫をこよなく愛するゆみたちさんが、ブログで「猫の十戒」を紹介してくれたのですが、

これを読んだ時、私は思わず...くすん


半分しか残ってない「はらわた」がよじれるくらい笑ってしまいました...


...ので、許可を貰い、こちらに転載させて頂きました♪ (ゆみたちさん、ありがとうです!)


犬の十戒/猫の十戒(比べながら読んでね♪)

 1.
 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいてください。

 私の一生は大体15年位しかありませんが、たまに20年以上生きてしっぽが裂けます。
ほんのわずかな時間でも貴方が離れると腹が立ちます。私が家族になってあげるから、そのことを覚悟しなさい。


2.
 あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待ってください。

貴方が私に望むことを理解するつもりはありません。待っても無駄です。


3.

私を信頼してください、それが私の幸せなのだから。

私を尊敬しなさい。私にとってそれが一番大事です。




4.

私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはいけません。でも狭いところは好きなので、ダンボール箱を用意するのは許します。貴方には仕事や楽しみがあるし、友人もいます。でも、私に虐待(※1)されることに勝る楽しみはないはずです。


5.

話しかけてください。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。

いつも私に話しかけなさい。貴方の言うことが何かはどうでもいいのです。私に話しかける貴方の声はわかるのです。ほめ言葉は特に。


6.
あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知ってください。

あなたが私にどんな風に接しているか、私は決して忘れません。恨みは倍返しします。


7.

私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいてください。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

私を叩く前に思い出しなさい。私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があります。けれど、気が向いたときにしか噛まないようにしていることを。




8.

私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えてください。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

私が言う事を聞かないとか頑固だか怠け者だと叱る前に、まずは自分に問い掛けなさい。
たっぷり食事を与えましたか?それは私の好きなしーばですか?太陽の下で気持ちよく寝ているのを、邪魔しませんでしたか?もしかすると年をとってどこか弱っているのかもしれませんが、どのみち私のしたいことに従わない貴方が悪いのです。諦めなさい。


9.
私が年を取っても、私の世話をして下さい。あなたもまた同じように年を取るのだから。

私が年をとっても、世話をしなさい。貴方も同じように年をとりますが、私は年をとってもかわいいのです。


10.
最後のその時まで一緒にいてください。「もう見てはいられない」「私はここにいたくない」などと言わないでください。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送りなさい。「もう見てられない」とか、「私のいない所で逝かせてあげて」なんて言うのは許しません。なでなさい。なで続けなさい。
かわいいね、いいこだねと言いなさい。言いまくりなさい。
そうすれば私は、着換えの時間(※2)を少し短くしてやってもよいです。
気が向いたらな。ニャッハー!

※1
猫好きの世界では、虐待とは、猫のワガママに耐え猫におつかえすることです。猫をご主人、飼い主は下僕と呼ばれていることもあります。

※2
着替えの時間とは、猫が死後違う模様の猫となって生まれ変わり、同じ下僕のところにやってくるまでの空白の時間をさします。



***
 



ダルメシアンの飼うのは、けっこう「猫飼い」に近いぞ、と思ったのは私だけでしょうか??


***
 
 
ブログランキングに参加しています♪

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪

2009/10/21 15:54 | TrackBack(0) | まことのひとりごと
私がイチロー選手を大好きなわけ
 


え、そんなことどうでもいい?


でも書きます。(笑)
 


今年のメジャー リーグ開幕まであと1週間。

WBCで日本の2連覇に大貢献したイチロー選手も、そんな余韻に浸ることなく、さっさとアリゾナのスプリングトレーニングに戻って最終調整中です。



2007年夏、対オークランド戦のイチロー



で、イチロー選手のどこがそんなにいいかって?

その前に、ひとつだけ。

いつもこのブログでは「イチロー大好き」とのたまわって、WBC優勝時には人様のブログにまで出掛けて大騒ぎしてしましました(反省)。しかし、実は私が一番好きなスポーツ選手は、ゴルファーのタイガー・ウッズです。イチロー選手は2番目です。

世の中には尊敬に値する人物はたくさんいると思いますが、暇さえあればゴルフとか野球とか、スポーツ中継ばっかり観てるスポーツバカの私にとって、このお2人は私の人生の師匠といっても過言ではありません。(ホントに)

もちろん外見がかっこいいとか、ミーハー的な要素もありますけど(笑)、しかし何よりも私が尊敬してやまないのは、このお2人の「超人的な精神力の強さ」です。


特に、凡人ならば心臓バクバクで手足が震え、体中冷や汗が噴出しそうなプレッシャー・シチュエーションでも、この2人は全く冷静さを失うことがありません。

この人たちは、プレッシャーが掛かれば掛かるほど、頭の中に渦巻く数々の雑念をすべてシャットアウトし、目の前にある、やるべきことに全精神を集中できるのです。

なかなかできることじゃないですよね(汗)。


「イチロー思考」、「イチロー頭脳」そして「イチローの流儀」
 

2006年の春、ちょうど私が病気だと分かる直前、日本に帰国した際に買い漁って、帰りの飛行機の中で一気に読んだ本です。

この頃の私は、アメリカ企業のカルチャーになかなか馴染めず、仕事や人間関係の重圧に押しつぶされて、感情的にも翻弄されていた時期でした。もっと強い人間になりたい、とその答えを必死に探し続けていた頃です。

そしてその直後、不本意にも「がん患者」になってしまいましたが、今でもこの2人の大ファンであることは、とてつもなく精神的な支えになっています。



席は一塁側のマリナーズのダグアウトの真上でした。


がん患者や家族の方たちの抱える「プレッシャー」は、時には凄まじいものがあると思います。病状の悪化、死への恐怖は言うまでもなく、医師、病院との関係、治療費、金銭面の問題、家族の生活、一般社会からの疎外感、脱落感などなど...。でもがんは人間じゃないので、泣いて喚いたところで、いなくなってくれるわけではありません。

そんな時に、やはり感情に翻弄されず、目の前にある選択肢を冷静に見極め、やれることをひとつひとつ着実にこなし、たとえ窮地に立たされても、こうすると決めた時には、迷いをすべて捨て、それにコミットできる精神力と勇気、そんなものが必要になってくるんじゃないかと思います。

強いのに柔軟性もあり、一喜一憂せず、プレッシャー時に皆が崩れていく中、いつも偉業を成し遂げてしまうイチローやタイガーを見てると、逆風すら心地よく感じているのではないかと思ってしまいます。


まさに「人事を尽くして天命を待つ」。


がん治療にもそんな自信を持ちたいです。


「犬事を尽くして天命を待つチビダル」
 

最近つくづく、スポーツ選手のミーハーでよかったなあと思ってるまことです。
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
よろしければ、ぽちっと応援お願いします!
 

2009/03/29 14:59 | Comments(10) | TrackBack(1) | まことのひとりごと
GOD BLESS AMERICA

 
アメリカ史上最悪といわれるアホ大統領の時代がやっと終わる。

嬉しくてたまらない。

サブプライム危機、医療費高騰、失業問題...

国内経済はガタガタなのに、

「英雄」を気取って他国で戦争している。

国民の教育や、

公共の福祉のために使われるべき税金も、

人を殺すための武器や、

軍事に費やされる。

世界屈指の先進国なのに、

読み書きすらまともにできない人がたくさんいるんだよ。

なにかおかしいこの国...。

このまま突き進めば完全にドツボ。

そう思ってるのは私だけじゃなかった。

昨日の選挙で分かった。

アメリカもまだ捨てたもんじゃない。

ちょっと希望が沸いてきた。

生きててよかった。


これで他国も少しは見直してくれるかな...。

GOD BLESS AMERICA...PLEASE!!!

WE’LL REALLY NEED IT!!


  
いつも応援ありがとうございます。

よろしければ、どちらでもぽちっと...
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
PLEASE CLICK TO VOTE
 

2008/11/06 16:42 | Comments(4) | TrackBack(0) | まことのひとりごと

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]