忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/23 14:37 |
治療拒否はもう限界?
今日は3ヶ月ぶりの外来診察の日でした。午前中に3日目のOCTREOSCANを済ませたあと、病院のカフェテリアで軽くランチ、午後ホークアイのクリニックへ。JJも後からやってきました。いつも通り、診察室で散々待たされた挙句、やっと助手が登場。木曜だったのでドクターパムかなっと思っていたら、知らない中年の女医さんでした。最近の体調等を詳しく聞いたり、簡単な診察をしてまた出て行く。その30分後、ホークアイがいつもの涼しげな笑顔で登場。(セレブか、お前は。) そしていつものように、やさしく「How are you doing?」と私の背中をさする。医者じゃなければ、政治家に向いてる。今日は何分この部屋にいるかな?

前置きはさておき、今日のニュースはあまり良くありませんでした。CTの結果、去年の手術以来、おとなしくしていた肝臓の腫瘍たちがまた大きくなり始めているそうです。前回最大6センチぼどだったのが今は9センチ近くになっているらしいです。幸い新しい転移は見当たらなかったようですが、近々治療を再開した方が良いとのこと。手術後のトラウマからまだ精神的にも肉体的にも回復していない私にはちょっとショックです。とにかくまだ治療がこわい。思わずまだ心の準備が出来てないと言ってしまいました。普段はわがままを聞いてくれるホークアイも、今回は「また3ヶ月待つのは推薦できない」ときっぱり。

彼が提案した治療プランは3つありましたが、今日は精神的なダメージが大きいので、詳細は後ほど書きます。でもどうやら腹をくくらないといけない日が来たみたいです。
(終)
 
PR

2008/06/05 20:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | サバイバル日記(08年)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<「がん友☆全国MAP」に登録しました! | HOME | 安楽死~我が愛犬の最期>>
忍者ブログ[PR]