忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/02/25 06:54 |
ちょこっとつづき...


 
昨日ご紹介した、スタンフォード大学のキャンパスでの事ですが、例の教会のある広場の真ん中には、ブロンズの彫刻がいくつか建っていて、人がたくさん集まっていました。


 
 

一体なんの彫刻でしょう? 早速近づこうとしたのですが...
 
 



一緒に居たコナーが、彫刻の色とサイズにびびって、ワンワン吠え始めました。(汗)




やっぱり、ワンコには異様に見えるかしら?
 

でも「シーザーミラン」の犬の本や、あとトレーナーのダンさんも言ってましたが、ここで怯えて吠えてるワンコを「よしよし、大丈夫」なんてなだめるのはNGだそうですね。

周りに迷惑だから、と飼い主が取り乱したり、わーわー大騒ぎしてもダメだそうです。

そこで私は、コナーをちょっとだけ彫刻から引き離し「シッ」と一言声をかけて、あとは完全無視。


 

コナー、考え中
 

ワンコには「なだめてあげる」とか「慰めてあげる」という行為の意味が理解できないそーなので、こんな時にやさしくしてあげると、吠える行為を飼い主が認めている(つまりやっても良い)と勘違いすると言うのです。(本当かしら?)
 
とにかく、周りにいるアメリカ人も、犬が吠えたくらいで露骨に嫌な顔をしたり、文句を言ったりしないので、ここはコナーが落ち着くまで、余裕をもって待ちます(笑)。
 
 
 
 
ちなみに、これはロダンの著名な彫刻「カレーの市民」の個別バージョンでした。
(↑フランスの街のカレー、Calaisですね♪) 

 
 
ヨーロッパにあるオリジナルはこんな感じ♪

 
 

「14世紀の百年戦争で降伏した都市、カレーを救う為に、犠牲になること(つまり、イギリス国王の前で処刑される)を買って出た6人の市民の苦悩の旅立ち...」だそうです。
 

あ、そうしているうちに、コナーもやっと近づく気になったみたいです。

 
 
 
うん、この人たちは、自己犠牲をも厭わない、勇敢なおじさんたちだったんだよ〜。





あと、その他のロダンの彫刻も、キャンパス内の別棟の美術館で見る事ができるようです♪



Cantor Arts Center at Stanford Univ.


***



最近、また夏に逆戻りしたSFベイエリアです♪


***
  
ブログランキングに参加しています♪

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪
PR

2009/09/09 18:02 | TrackBack(0) | コナーとの日常

トラックバック

トラックバックURL:

<<ジョブス氏復活!! | HOME | 夢のキャンパス>>
忍者ブログ[PR]