忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 13:54 |
たくさんのフィードバックありがとうございました♪

 

昨日の陽性強化の記事に、たくさんのポジティブなフィードバック(反応)を頂きまして、とっても嬉しく思います。長々と書いてしまいましたが、最後まで読んで下さった方、ありがとうございました♪

皆さんの鋭い読解力で、きっと私のへたっぴな文章も理解して頂だけたと思います。結局、私が伝えたかったのは、本当の「陽性強化トレーニング(positive training)」とは、最近よく安易に使われている「褒めて躾ける訓練」みたいな言葉とは一線を画すもので、(少なくともアメリカでは)もっと動物学的、科学的根拠に基づいた、もっとテクニカルな訓練法と言う事でした。

実際、アメリカでは「オヤツ、トーイ、他の犬とのプレイタイム」と言った「報酬」の方が、飼い主が褒めてあげることよりも、より効果があるという研究結果が出ています。陽性強化は、この「報酬」を多用します。

もちろん褒めることも大事ですが、最初は「報酬」とセットでしか使われません。そしてその褒める口調やコマンドも、基本的には明るいけど、落ち着いたニュートラルなトーンを使います。よほどやる気がない犬とか、どうしても奮起させなければいけない時(リコールとか)しか「きゃぴきゃぴ声」は使いません。(特にコナーは興奮しやすいので、いつも私はニュートラルです。)

それに、だいたい褒めることくらいなら、普段からだれでもやってますよね。いつも罰を与えている人だって、犬か言う事を聞けば、もちろん褒めるでしょう。

「褒める事に重点を置いた訓練法」なんて謳ってても、実際はチョークチェーンを使わせたり、他にも罰を訓練に取り入れているトレーナーもいます。

陽性強化では、そういう事は一切しません。

こんなの絶対に叱らなければダメじゃない?ってなシチュエーションも、よりポジティブなテクニックにすり替えられてます。まさに目からウロコです。だから面白くて完全にハマっちゃうのかもしれません。(笑)

やはり、本当に自分の犬を愛して、可愛がっているのなら、痛めつけたり、怖がらせたりして全く平気なわけないですよね。

だからトレーニングは、いつでも絶対に楽しくなくっちゃいけないと思うのです。 


Dogs are our link to paradise. They don't know evil or jealousy 
or discontent. To sit with a dog on a hillside on a glorious afternoon 
is to be back in Eden, where doing nothing was not boring - it was peace.

- Milan Kundera
 
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつもクリックありがとうございます♪

PR

2009/12/12 16:58 | TrackBack(0) | コナーのしつけ・訓練

トラックバック

トラックバックURL:

<<お墓参りとなつかし動画 | HOME | 陽性強化トレーニングをやってみよう♪>>
忍者ブログ[PR]