忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 08:49 |
負け犬の遠吠え?

名札がなかったので、テスト前にペットショップで作りました♪
 

まず最初に、私の体調を気遣ってくださった方、コナーのCGCテストの応援を送ってくださった方、本当にありがとうございました♪

皆さんのエールに励まされ、まだ風邪のような症状が治まらない中、CGCテストに行ってきました!

そして結果は、見事...撃沈...玉砕?でした...。(涙)ご期待に添えず、すみません。コナーとワタクシ、燃え尽きました(汗)。

いや、燃え尽きたのは私だけでしょーか...コナーはテストの間中、ずっと楽しそうに飛び跳ねてましたから。(←怒)

10項目中、本番できたのは6項目だけ...4項目(人のお迎え、犬との接触、犬連れの挨拶、人ごみの中を歩く)はすべて"jumped", "pulled", "tried to greet","tried to play"で落とされてしまいました(涙)。

一緒に受けた、3歳と4歳のコーギー君とジャーマンシェパードちゃんは見事合格。最初っからほぼ完璧だったものね、この2頭は...。




でもですね、落ちた分際でなんですが、トレーナーのシシリアさんが、このクラスで、一番気に入ってくれたワンコは、実はコナーだったのです。コナーはいつもハッピー、コナーは良い子、コナーはとってもフレンドリー...でもはしゃぎすぎるのが玉にキズ?

彼女のトレーニングスタイルも「副作用フリー」なので、他の2頭(3、4歳の犬)に比べ、少々(かなり?)集中力が欠けてるのは、コナーの年齢では「当たり前」という考えです。だから、自主性は伸ばしても、無理強いはしません。

とにかく若い時期には、もっと大切な社交性、柔軟性を身に付け、自信をつけさせる事。年齢と共に(普通は2歳くらいで?)落ち着き、同時に集中力も上がれば、オビディエンス・セルフコントロールも強化するという考えです。




でもはっきり言って、こんなにダルメシアンを気に入ってくれたトレーナーさんに会ったのは初めてです。アメリカ(SFベイエリア?)の典型的なトレーナーさんって、だいたい自分はジャーマンシェパードかボーダーコリーを飼ってて、グループレッスンとかでも、レトリバー、ラブあたりがごひいきなんですよね。(まあ、優等生だし...。)

なんかダルメシアンは、最初からあまり期待されてないって感じです。(汗)

もう14年くらい前の話ですが、先代ダルのスパーキーが初めてパピークラスを受けた時なんて「手放すなら早い方がいいですよ」なんてことも言われたし...。

でもシシリアさんはコナーみたいなタイプが好きみたいで(チャレンジが好きなのかしら?)、この人なら、これからもコナーのトレーニングの悩みに真剣に付き合ってくれそうだと思いました。

とゆーことで、来週から、早々と、また懲りずに、シシリアさんのクラスを取ります。

でも同じだとつまらないので、今回はスポーツオビディエンスのクラスにしました。犬とスポーツなどを楽しみたいけど、ちょっとまだいまいち集中力が...ってな方向けのようです。スポーツをやるかどうかは別として、コナーはどっちみち集中力が足りませんから...笑。

CGCテストの再準備は、とりあえずコツが分かったので、自主トレで続けます♪(←玉砕しても、立ち直りは早い。)
 
本当にコナーと一緒にやりたいことが、徐々に見えて来た感じです♪




 
 ***
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪

PR

2009/12/01 17:04 | TrackBack(0) | コナーのしつけ・訓練

トラックバック

トラックバックURL:

<<ご報告(CT結果) | HOME | プチ更新〜また寝込んでます(涙)>>
忍者ブログ[PR]