忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/23 04:15 |
先代スパーキーの想ひ出
チビダル? それともスパーキー? さて僕はどちらでしょう...

先々週の金曜日、スイスでの治療を無事におえ、帰国の途に着いた私とJJは、フランクフルトの空港にいました。出発までまだしばらく時間があったので、空港の中をうろうろ歩き回っていたら、突然デカサイズの「ナイキ(NIKE)ストア」が目に入りました。バーゼルでもそうだったのですが、街中でいつも目に付いたのが、どこにあっても全く同じで変わり映えしないアメリカのお店。マクドナルド、スタバ、GAP、THE BODY SHOPなどなど...ほとんど目障り。

そのまま通り過ぎようとしたら、JJが「中に入ろう」と言いだします。「どうしてヨーロッパに来てまでNIKEで買い物しなくちゃいけないの」と反論しましたが「ドイツのNIKEがどんな物を売ってるのか見てみたい」といいます。それで仕方なしに中へ...。

中はさすがにヨーロッパとあって、ほとんどがサッカーにちなんだ商品ばかり。そこで偶然目に入ったのが、あのおみやげのマフラー(前回謎賭けで終わった、アイルランドサッカーチーム「CELTIC」のロゴ入り)です。
 

 
なぜこんなものがこんなとこに...。そう、これを見てまっさきに思い出したのは、今年の1月に天国に行ってしまった、まことの最愛の先代ダル、スパーキーでした(関連記事はココ)。

どうしてスパーキーを思い出すのかといいますと、すべて説明すると長くなりますので、要点だけ...。スパーキーの本名(血統証明書に付いている正式な名前)はこのCELTICサッカーチームの伝説のゴーリーにちなんで名づけられてます。

そして次の瞬間、またハッとしてしまいました。そう、この日、9月19日は、生きていればスパーキーの13回目の誕生日だったのです!
 
 オフィスの机にいつも飾ってたスパーキーの写真

わたしはショックを受けてしまいました。過去の12年間、毎年必ず覚えてお祝いしていたスパーキーの誕生日が、今や治療やチビダルのことで、すっかり頭から消え去っていたのでした。そして、ここに突然あらわれたこのマフラー...ただの偶然とは思えない...。
 
ごめんね。ママはずっとスパーキーのこと忘れないよ。
 

 



ちなみにこれはチビダル、トップの写真はスパーキーです。区別つきますか?

本日もお越しくださりありがとうございます。

♦♦♦ ランキングに参加中です ♦♦♦
宜しければ、どれでもひとつ、ぽちっと応援お願いします


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへにほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
 
 
PR

2008/09/30 06:16 | Comments(4) | TrackBack(0) | サバイバル日記(08年)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

きっとスパーキーちゃんもまことさんのこと応援してるんだわ、って思いました。側にいるよ〜、って教えてくれたんじゃないかなぁ、なんて。
スパーキーちゃんとチビダルちゃん、よく似てる!ぶちの感じもそっくりですね〜。来るべくして来たんですね、チビダルちゃん。
posted by まっちゃん URL at 2008/09/30 09:34 [ コメントを修正する ]
まっちゃん さん
そういっていただくと嬉しいです。私は今でもスパーキーに申し訳ない気持ちが消えないのです...。

でもきっとここよりはずっといい所にいるでしょうね~今は。
2008/10/02 06:27
全く付きませぇ~ん(^^;
本当に良く似てるよね(スパーキー君の記事見てまた涙)
区切りの時思い出してよって伝えてくれたんだね。
(13回目のお誕生日おめでと~)

辛かった分この子の愛情も2倍になるよね(^^v
それで良いんだと思います。
その為にまことさん家に来たんだから♪
その代わりスパーキー君の分までやんちゃ発揮してもらお~(笑)
posted by サンフラワー URL at 2008/09/30 12:38 [ コメントを修正する ]
サンフラワーさん
あまりにも似てるので、スパーキーの記憶がチビダルと重なってしまって、スパーキーのアイデンティティーが無くなるところでした。庭にあるお墓にお線香あげて供養しましたよ..。

とても辛い最期だったので、いまでも罪悪感でいっぱい...(涙)。安らかに眠るんだよ~スパーキー!
2008/10/02 06:35
ほんとよく似てるわ。
でも普段、スパーキーのことを忘れていられるようになったのは、いいことよ。節目、節目に思い出すのが、よい供養ですよね。きっと天国でも、喜んでくれてるわ。

カフェ文化のパリやウィーンでもマックとスタバに占領されていて、ちょっとつまらないよね。
posted by アンズ URL at 2008/09/30 21:45 [ コメントを修正する ]
アンズ さん
そうですね、いつまでもいなくなったスパーキーのことをくよくよ考えるのはよくないよね...スパーキーも安心して成仏できないし...。

サンフランシスコもおしゃれなカフェは多いし、「反スタバ派」も結構います。わたしもなるべく小さなカフェをひいきにして、スタバには行かないようにしてますね。
2008/10/02 07:40
お顔だけ見たらわかるんだけど、おなかだけだとむつかしい、、。
ちびだるシックに罹ってます。
忘れるわけないよー、スパーキー。
posted by 橘 URL at 2008/10/01 11:17 [ コメントを修正する ]
橘 さん
斑点の位置を分析して区別をつけるしかないかな...。

チビも今度は勇気を出して、プールで泳いでみたいと言ってます(笑)。
2008/10/02 07:51

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<血液検査クリアで仕事再開。チビダルは保育園へ! | HOME | まこと IN ヨーロッパ ~ 番外編>>
忍者ブログ[PR]