忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 03:32 |
ノルマンディー兵士逝く
 

先日、コナーを連れて、我が家のある通りを歩いていたら見つけた「FOR SALE(売り家)」のサイン。

 

粗大ゴミは全部家の外に出されています。


ああ、あのおじいさん、きっと亡くなったんだ...って思いました。

私が病気になる以前、よく通勤前の早朝に見かけたおじいさん。その時、すでに80歳は超えていたはず。

おじいさんはシニア用のスクーター(?)に乗って、よく近所をパトロールしてました。

そして、隣家のガレージの前に放置された朝刊(こちらの新聞配達は、車に乗ったまま、家の前に新聞を放り投げて行きます)をドアのところまで届けてあげたり、ゴミ出し日には、道路に置き去りに去れたゴミ缶を元に戻してあげたりしてました。(初めて見た時は、勝手に近所の庭に入ってったので、泥棒かと思ったのですが...笑)。




そのおじいさんとは一度だけ話したことがありました。

その時は、この家にたった一人で住んでいる事、隣町に娘さんの家族が住んでいる事、そして暇だから、毎朝、こんな風におせっかいをしている事などを話してくれました。

そして、第二次世界大戦の帰還兵である彼が、誇らしげ(?)に話していた「ノルマンディー」でのエピソード。




「ノルマンディー」の最前線で戦うはずだった若き彼は、その直前に、兵隊仲間とライフルで悪ふざけをしているうち、先に付いた槍が太ももに突き刺さり、大けが、そのまま病院送りになって、結局あの「死闘」を免れたそうです...(汗)。

本当に本当だったらかなりまぬけ〜。(笑)

でもそれで命拾いしたのかも..。

もし1944年に命を落としていたとしたら、当時では全く想像も付かなかったことを、今日まで生きのびて、見て、聞いて、体験して来たんでしょうね、おじいさん。

80ウン年間、ご苦労さまでした。(←って言って、まだ生きてたりして...。汗)

 私も40年先、50年先のこの世がどうなってるのか、やっぱりちょっと興味ある♪

私も頑張って、生きてやるぞぉ!!

***

 
 
 

今日のコナー、また別の病院に行くはめになりました...汗。

 



理由はまた明日の更新で♪
  
  
PR

2009/08/02 13:32 | TrackBack(0) | サバイバル日記(09年)

トラックバック

トラックバックURL:

<<危険なピーチ... | HOME | まだちょっと...>>
忍者ブログ[PR]