忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/18 15:31 |
ハイパーダル炸裂!(逃走3回←大汗)


本日(月曜日)から、本格的な(←多分)アジリティ訓練が始まりました。

このクラスは早い時間帯の方が少人数だそうで、私も1つ早めのクラスに変えてもらいました。

新しいクラスメートは、黒ラブ1頭、ゴールデンレトリバー2頭、シェルティー1頭で、みんな凄く落ち着いた優等生です(汗)。前のクラスでは、コナーみたいな犬と、それ以上(?)の犬が居て、結構安心してたんだけどな〜。

黒ラブちゃんはとってもフレンドリーで、コナーとも遊びたそうにしていたけど、飼い主さんが指示を出せば、そこはちゃんとセルフコントロールが効いていました。

またしても、一番落ち着きのないウハウハ犬、コナーが浮いてしまう...汗。
***

そして今日からは「オフリード」での練習が主体になります。

「Focus」のクラスでは、オフリードでやったのは、せいぜい「待て」を掛け数メートル離れ、そこから呼び戻しする時くらいで、その他のことはリードを付けて練習していました。

今日試したのは、トンネルとジャンプ。
(今日のクラスの写真はこれ1枚だけです...すみません)


まずトンネルは、ワンコの首輪を掴んだまま奮起させて、goの合図とともに首輪を放し、犬はトンネルの中を駆け抜けます。その間に、ハンドラーはトンネルの出口へ走って行き、そこにトーイを投げて、飛び出して来たワンコと一緒にタグをするという練習です。

そして早速コナー、やらかしてくれました(汗)。

とにかく興奮したコナーが、トンネルを駆け抜ける勢いってのがこれまた凄い。人間は近道を通って出口へ行くのですが、それでもワタクシ、追いつけませんでした。(泣)

大興奮したコナーは、落ちてるトーイ(たぬき)をくわえて逃走。(大汗)

私が追いかけても、どんどん逃げるだけなので、そのまま放っておいたら、しばらくコースを好き勝手に走り回り、ポーズテーブルに飛び乗ってしゃがみこみ、トーイを齧り始めました。

ポーズテーブル
(まあやること(休憩)としては正しいのかも...汗)


私はそろりそろりとコナーに近づき、トリーツをいくつか投げると、コナーはすかさずそれに食いつき、やっとトーイ&コナーの確保成功...汗。

その後何回かは、トンネルに成功したものの、今度はコナーの首輪を掴んで奮起させる時に、あまりのコナーの力の強さに、私は思わず引きずられて転倒。(私は日本人女にしては(というかはっきり言って欧米人以上に)でかいですが、体重22キロの「フルサイズダルメシアン」の馬鹿力にはやはりかないません...涙)

またまた自由になったコナーは、そのままトンネルを通り抜けて暴走。

これで完全に集中力が切れたのか、その後は私がトーイをしっかり持っていたにも関わらず、トーイを無視してまた逃走。

これを追っかけてった私は、首輪を掴んだ瞬間にまた引きずられて転倒。

あの〜...ワタクシこれでももうすぐ「しじゅう」になるんですが、こんなに何度もボテボテと人前で転んで良いのでしょうか??(泣)

まあでも、皆「他人の犬は完全に無視するように」と言われているので、他の人は私とコナーの騒ぎには全く目もくれず、黙々と自分の犬との練習に励んでいらっしゃいましたが..。
***

この後、しばらくコナーを落ち着かせて、その後のジャンプの練習は無事終えたのですが、クラスの後で、トレーナーのドロシーさんがやって来て言ってくれました。

「今日のことは全く気にすることないのよ。私のパイパー(シェルティ)なんて、もっと酷かったんだから。」

そしてこっそり耳打ちするように、「コナーみたいにすばしっこくて”out of control” な犬は、凄く辛抱強くトレーニングしないといけないけど、それが克服できたら最強のアジリティ犬になるのよ」と言ってくれました。

う〜ン、そうなんだ...。やはりすべてはハンドラーの力量に掛かってるんですね。

でも本当にこの私にできるのかしら??

 
もちろんこうなれば、とことんやってみますわよ〜♪ 
 
***
 
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へにほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
 
 br_decobanner_20090829043858.gif

いつも応援のクリックありがとうございます♪ 

PR

2010/03/23 16:22 | TrackBack(0) | サバイバル日記(09年)

トラックバック

トラックバックURL:

<<ハプニング発生! | HOME | ラリー最終日、そして...>>
忍者ブログ[PR]