忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/19 10:41 |
術後2年経過♪・初心に戻る

 

日本はお盆休みですね。

...ていうか、お盆は地域によっていろいろ違うみたいですけど、私の田舎では、お盆は8月13日から15日の3日間で、最後の15日がご先祖さまのお見送りになります。

そしてお盆が来ると思い出すのが、2年前に受けた、大きな腫瘍減量手術。

私は2年前の今日入院、その日は大量出血防止のための肝動脈塞栓術を受け、そして翌日、執刀医のたまごっち先生曰く「バスケットボールくらいの量」のがん、そしてそれに侵された腹部周辺の臓器、腸の一部などを摘出する開腹手術を受けました。

この手術は、たまごっち先生本人からも「手術台で息絶える可能性は十分ある」と言われていたくらい危険で、それ以前にも外科医を含む数人の医者に「無理だ」と断られていたものでした。

一番最初の主治医(ホークアイではありません)に、たまごっち先生の手術を受けたいと相談した時も「あんたはアホか」と言わんばかりの口調で反対され、たまごっち先生の事も「何を考えているのか分からん、カウボーイ気取りか」と罵っていました。

まあ、この最初の主治医に関しては、半ばさじを投げた感じで、緩和的な処置以外、なにも積極的な治療はしてくれず、時期を見て「余命宣告」でもするつもりだったような感じだったので、私はその後さっさと、ホークアイの元へ去りましたが。(笑)




で、私が手術を受けた14日は、ちょうど日本時間の15日、実家ではご先祖さまをお見送りする日です。その時、サンフランシスコに来ていた私の両親は、それもかなり心配だったようで、日本にいる兄夫婦に、実家でお盆の行事をしっかり行うように指示してたみたいです。

あとで父は「(死んだ)婆さんに、絶対におまえを連れて行かないでくれ〜、って皆でお願いしたんだぞ」って教えてくれました。



早く散歩に連れてって欲しいコナー


そして、これもまた後から分かったのですが、今度はSFベイエリアのとある仏教会から手紙が届き、それには普段からあまりウマの合わない私の義母(JJのお母さん)が、私のために教会に寄付し、彼女の要望で、8月13日から15日の間、ずっと教会で私へのお祈りが捧げられたと書いてありました。

また手術の直後には、思いがけない人たちからお花が届いたり、お見舞いに来てもらったり、こんなにもたくさんの人が、私の回復を祈ってくれていたんだと知りました。

今では、私の手術がうまく行ったのは、単に運が良かったからだけではなく、きっと皆の祈りが通じたんだと思っています。


あともう少しで終わるからね〜♪


闘病生活が長くなればなるほど、患者本人や周りの人たちの「信じる力」が失せてしまう時ってありますよね。だから変な言い方ですが、時々ガン治療の心構えも「初心に戻らなくては」と感じることがあります。

告知直後はきっと多くの人が「絶対に治る、治してみせる」ともっと楽観的に信じることができたのでは...。

何でも長期戦になるとすれば、これまた精神力との勝負でもあります。

術後2年経過♪ また初心に戻って、前向きに意気込むまことでした♪



(おまけ)




トップのバナーと同じポーズの写真が撮れました♪

ちなみにバナーは6ヶ月前のコナー。

ちょっとだけ大人っぽくなってるかしらん♪
 
 
PR

2009/08/14 07:13 | TrackBack(0) | サバイバル日記(09年)

トラックバック

トラックバックURL:

<<ちょこっと報告です♪ | HOME | 地震>>
忍者ブログ[PR]