忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 11:47 |
メトロセクシャルへの道 ~ 第2回
 
 
カーメル旅行の写真整理が疲れたのでひと休み。本日は幻の(?)「メトロセクシャル・シリーズ」が復活です♪

何のことだかわからない方は、前回のこちら↓をご覧くださいね。

第1回「メトロセクシャルな男はいつも清潔感を漂わせている」


そして、記念すべき(←また?)第2弾のテーマは

「メトロセクシャルな男はフォーマルな着こなしを心得ている」


こちらはカーメルの旅行先のペット・ブティックで、コナーに買ってあげたバースディプレゼントです。

 
 
じゃ~ん♪ 

真っ赤な皮製の首輪です。


え~、赤なんて女の子みたいじゃないのって思った方~?

えへへ、実を言いますと(ご存知の方もいらっしゃるとおもいますが)、アメリカではフォーマルな場所で、男性が赤を身に着けるのは、由緒正しい、正統なことなんですね~。

特に首に巻く赤いネクタイはそうです。

昭和生まれ(?)の私にとって、男性の赤いネクタイは派手ってイメージがあったのですが、アメリカでは全く逆で、Conservative(保守的)、もしくはSerious(真面目な)ネクタイとみなされてるんです。ちょっと驚き。
たとえば、大統領就任式のオバマさん♪
 
 
 
バッチリ、赤タイで決めてます。


そしてこちらはMr. メトロセクシャル
 
 


いつもはカジュアル&トレンディーなSF市長、ギャビン・ニューサムさんも、市の一般教書演説(State of the City)などの重要な儀式ではフォーマルに決めてます。


そしてもちろん、ビジネス界でも赤タイは正統派です。

 
アメリカの不動産王、ドナルド・トランプ


あ、でも、赤は「パワー(権威)」の象徴とも取られるらしいので、新卒者の就職面接とかには避けた方が良いみたいです(笑)。

 
 
赤いカラーのコナー、ちょっとシリアス?


コナーもこれを付けて、フォーマルな「パーチー」に出席する日が来るのかしら??






ううん、なんでも…。
(妄想してました…笑)




ん~、やっぱり疑問だぁ…(汗)。
 
 

 



宜しければ応援のクリックお願いします♪
 
PR

2009/06/11 15:08 | TrackBack(0) | メトロセクシャルへの道

トラックバック

トラックバックURL:

<<義父が逝去しました | HOME | カーメル旅行(3) ~ 海岸沿いのドライブ>>
忍者ブログ[PR]