忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 07:46 |
登場人物及び用語の紹介
このブログに出てくる登場人物及び、専門(?)用語などを説明しています。プライバシー保護のため、人物名、団体名などはほとんど独断と偏見で付けたニックネームです。 [あいうえお順でその都度アップデート]


JJ.jpgJJ(ジェイジェイ): まことの旦那





indian4.jpgスー先生:
 まことのサイコセラピスト、いわゆる「シュリンク」。由来はインディアンが儀式のために敵などの頭を「シュリンク(干し首)」したことかららしいが、スー(SIOUX)族がこれをやってたかは、知りませ~ん。スイスのバーゼル市出身。

先代(ダル): 
「スパーキー」を参照

00005-1.jpgスパーキー: 別名「先代(ダル)」。まこととJJの最初の4本脚の息子。ダルメシアン。1995年9月19日、オレゴン州生まれ。2008年1月12日、満12歳と4ヶ月の時に腎不全で死亡。



humpty-dumpty-1.JPGたまごっち先生: 
2007年夏、まことの危機を救ってくれたS大付属病院の大ベテラン消化器系外科医。腕の良さでは知名度も高い。怖いもの知らずの職人気質。手術大好き。ざっくばらんで無神経だが、天然ボケの憎めないタイプ。頭の形が卵型。別名ハンプティーダンプティー。


PICT0066-1.JPGチビダル: まこととJJの新しい4本脚の息子。ダルメシアン。2008年6月4日、ネバダ州生まれ。




4583e91e.jpgドクターパム: 
まことの主治医ホークアイのフェロードクターのひとり。手術まえの臨床試験の時からお世話になっている。東部アイビーリーグ医学部出身の若くて聡明な女医さん。いつも元気いっぱいでポジティプなところは、チアリーダーを思い出す。



hawk2.jpgホークアイ
: 2007年3月から現在に至るまことの主治医。S大学付属病院教授(Ph D)。腫瘍内科専門医(Medical Oncologist)。性格温厚でインテリタイプ。人当たりはいいが、莫大な患者数を抱えていて、実際の仕事はほとんど助手やフェローがやっている。平均患者診察時間:一回当たり7分。ちなみに名前の由来は70年代の大人気コメディー「M*A*S*H」のホークアイ・ピアスに似ていることから。
PR

2006/12/05 18:07 | Comments(0) | TrackBack(0) | 登場人物及び用語辞典

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<治療歴1~K病院(2006年11月~2007年2月) | HOME | 聞いたこともない難病になってしまった!>>
忍者ブログ[PR]