忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 17:31 |
粗食のすすめ♪
「おなかすいたよ〜」

***
 
私がキッチンで夕食の支度を始めると、足下にぴったりくっついて離れないコナー。


貰えないと分かっててもやっぱり匂いが気になるみたいです。(笑)
 


ふ〜んだ、覗き込んでもあげないよ〜。
 

 

ところで、我が家では、コナーには人間食は全く与えません。ほんの一口も、おこぼれも、一切ダメです。これに関しては、先代犬の時に大失敗をしたので、むっちゃくちゃ厳しいです(笑)。

ちなみにコナーが食べて良いのは、

ご存知、フリント・リバーのラム&ライスのドライフード(主食)
 

同じく、フリント・リバーのフィッシュ&ポテト(トリーツ代わり)
 

そして無塩、無糖、無添加のピーナッツバター
(これは人間食だけど...)


これだけです!
(ごくたま〜にチーズや他のトリーツをあげますけど...)


以前は袋入りの本物のトリーツを買っていたのですが、結構、小麦粉とかコーン(アレルギーになりやすい)が原材料に含まれているし、そうでない物はすごく割高なので、フィッシュ&ポテトに変えました。


これは主食用のドライフードですが、大きさが訓練用のトリーツとしてぴったりなのです。

そしてフィッシュだから臭いです(笑)。 これは注意を引くのにもぴったり♪


これは先日紹介した腰に付ける「おやつ入れ」。

クリッカーを使うともっとタイミングがよくなりますよ♪


そして、トレーニングの後は、このフィッシュ&ポテトにピーナッツバターを絡ませて、コングのなかに詰めてあげたりすると、それはそれはコナーにとっては夢のようなご褒美なのです(笑)。

これだけしか与えないと、何だかかわいそうな気もしますが、余計なものを与え過ぎると、かえって偏食になってよくないといいますよね。

とくにデリケートなダルメシアンはすぐにアレルギーがでたり、お腹を壊したり、そして酷い場合は尿路結石、腎結石になったりする危険もあります。(実際、私の先代犬スパーキーがそうだったし。)

でも問題が起きてから治そうとしても、付いてしまった悪い食べ癖はなかなか治りません(泣)。

スパーキーは、出された食事が満足でないと、ひんひん泣いたり、えさ入れを前脚で蹴って抗議してました。(汗)

コナーももちろん大の食いしん坊ですが、その辺は最初から厳しくしたお陰で、出したものはきれいに平らげても、それ以上に要求することはしません。



ときどきよだれを垂らして眺めてたりはするんですけどね〜。(ごめんね〜)


今日も諦めて、おもちゃ箱の方へ向かったみたいです♪
 
***

 
おいしいもの食べた〜い!
 
 
PR

2009/08/21 15:55 | TrackBack(0) | コナーのしつけ・訓練

トラックバック

トラックバックURL:

<<手術の可能性 | HOME | ザ・ダルスマイル♪>>
忍者ブログ[PR]